投稿者「parakeet-master」のアーカイブ

「ひかりの輪」への公安調査庁の観察処分を取り消した東京地裁判決について

 9月25日、東京地方裁判所がオウム真理教後継団体「ひかりの輪」について、団体規制法に基づく観察処分を取り消すとの判決を下したとの報道がありました。

 当会としては、ひかりの輪の実態を踏まえない同判決に強い懸念を表明します。

 ひかりの輪及び上祐史浩代表は、表向きは教祖・松本智津夫死刑囚への帰依を否定し、オウム真理教をめぐる一連の事件について「反省」を口にしてはいます。しかし同時に、松本への「盲信」を反省しているだけで、オウム真理教において松本が有していたと信じられていた松本の特殊な能力等については否定しておらず、オウム時代に「マイトレーヤ正大師」であった上祐代表をトップとするオウム時代のヒエラルキーを維持した組織活動を続けています。

 「ひかりの輪」という団体のなりたち自体、アレフ内で上祐氏こそが麻原から最も信頼された後継者であるかのように吹聴することで形成されていった経緯があります。「ひかりの輪」を名乗るようになって以降も、上祐代表が信者に「シャクティパット」なるオウム時代と同様の宗教行為を行っていたこともあれば、近年においても、宗教団体であるにも関わらず「宗教ではない」と主張する欺瞞性も見せています。

 ひかりの輪は、今回の判決に関する声明文(http://www.joyu.jp/hikarinowa/news/02_1/1278.html)で〈積極的な情報開示などの、よりいっそうの改革努力を進めていくことを決意しております〉などと述べています。しかしひかりの輪は、自らが観察処分外しのために設置した「外部監査委員会」にも帳簿等をチェックさせず、重要な資金源である聖地巡り等のイベントごとの収支を公表していません。イベント参加者から「お布施」と「賠償金」を別々に徴収していながら、その収入の内訳も公表しておらず、賠償金名目で参加者から集めたお金を実際に賠償金支払いに当てているのかどうかも疑わしい状況にあります。

 団体解散を求める声に対しては、決まり文句のようにサリン被害者への賠償等を言い訳として持ち出します。しかし「聖地巡り」等の行事により明らかに通常以上の収入があったと思われる月ですら賠償額は一定であり、上祐代表自身はサリン被害者への追悼等も部下任せで真摯に取り組んではいません。被害者への賠償を第一義とした団体ではなく、被害者の存在を団体存続の口実としているにすぎないことは明らかです。

 以上の実態を踏まえれば、ひかりの輪はいまなお観察処分の対象とすべき「オウム真理教そのもの」です。前述のようなひかりの輪の欺瞞性は、表向き「社会融和路線」をアピールすることで「観察処分外し」を目指す手段の一環にほかなりません。観察処分を取り消せば、ひかりの輪が「社会融和路線」を装う必要はなくなり、表向きの体裁を整えることすらせずに悪質性を強める危険性が高いことは容易に予想できます。

 国には、裁判を継続し、このような団体について実態に即した判決が下るよう努力することを求めます。

 なお、観察処分が取り消されれば、ひかりの輪は、そのことを「自分たちは正しく安全な団体である」という宣伝の材料として、さらに多くの人々を巻き込むために利用することが予想されます。しかし仮に観察処分取り消しが確定したとしても、それは観察処分の是非をめぐる裁判所の判断にすぎず、ひかりの輪が問題のない宗教であると裁判所が認めたことを意味しません。

 報道関係者各位や、報道を目にする皆様には、くれぐれもこの点に留意して、ひかりの輪をめぐる動向に注視していただければ幸いです。

2017年10月2日
ひかりの輪脱会者友の会(インコの会)

ひかりの輪の現状

■ひかりの輪の現状

ひかりの輪は、2014年12月の団体発表では専従会員(出家)17名、非専従会員(在家)97名、総計114名とされている。これはひかりの輪発足当時の専従会員56名、非専従会員106名。総計162名から年々減少していっている。ただし、最近では「一般の方でも学べます。」と宣伝しており、実際に毎回上祐の講話会や聖地巡りに参加していながらも会員にはならない「信者」は多数存在していると思われ、その正確な実数は掴みきれない。

団体資産の状況は、2016年の団体発表では799万8844円としており、これもまた発足当時の1637万2199円からはかなり減少している。収入は講話会や勉強会、聖地巡りなどの団体イベントが主な収入源で、その他にも法具やテキストなどの物品販売、信者からの寄付などがある。

団体規模はオウム真理教の主流派であるアレフに比べて小さいが、公安審査委員会はアレフと同様にオウム真理教の後継団体とし、「(1)麻原が現在も教団の活動に影響力を有していること,(2)地下鉄・松本両サリン事件に関与した者が現在も構成員であること,(3)同事件当時に教団の役員であった者が現在も役員であること,(4)麻原の説く殺人を勧める「綱領」を保持していること,(5)組織として危険な体質を保持していること,(6)閉鎖的かつ欺まん的な組織体質を維持していることなどを認定し」、観察処分は今現在も継続されている。

■ひかりの輪の問題点

観察処分を外す為に作った団体で、麻原の手法を真似つつ上祐が麻原に取って変わることで、観察処分逃れを志向している。

反省、総括を全面的に打ち出すことで、オウム、アレフとは違うという印象を与え、社会融和を図っているかのように世間を欺いている。アレフの場合と違ってオウムの後継団体という印象が弱く、SNSなどを使用した宣伝も巧みでオウムとは違うのだと若者などの取り込みを図っている。

分裂以前は麻原の権威と正大師という麻原に与えられた権力を利用して信者を集め、麻原の教えを残す為にアレフと離反した。

しかしながら、麻原の教材を使用している限りは観察処分は外れる事はないので、強引に教材破棄を進めていく。その一方で社会融和を掲げて「広末プロジェクト」と呼ばれる、公安調査庁に協力姿勢を打ち出すが、その実態は公安調査庁に都合の良い情報を流すことで情報操作を画策していく。

団体規制法の立入検査で見つかると都合の悪い書類や法具などは、立入検査が入らない在家信者に前もって預ける等の検査忌避を行っている。これはアレフ時代から行われていることで、「予め預けておくことは違法ではない。」と開き直る発言をいまだにしており、社会融和を進めて組織の透明性を高めていこうとする姿勢は全くなく、ますます欺瞞性を強めている。

また、前回の団体規制法、観察処分の更新の時期(2014年)にあわせて、公安調査庁に対して名誉毀損訴訟、観察処分の取り消し訴訟等を提訴しており、「広末プロジェクト」からの方向転換をして公安調査庁を敵視する路線へと変更しているとともに、再びヨガを中心としたオウム的修行を取り入れており、信者のマインドコントロールを強化していこうという動きも見られる。

一方、上祐自身はプライドが著しく強くワンマンな性格なので、攻撃的にスタッフに対して侮辱を加え、暴力的に支配していく傾向がある。自身に逆らう人間には長時間に及ぶ説教をして、相手が「はい」と言わない限り解放しない。したがってスタッフの多くは議論を避けるようになり、上祐には逆らえない体制となっている。

また会員等参加者への支配としては、面談や占いなどで個人情報を引き出し、それを悪用しては、個人情報を他の会員に流したり、批判を加える人間に対しては脅しに使ったりとして恐怖的支配も行っている。

土日、祝日、長期休暇の際などは講話会や聖地巡りなどのイベントを行っているが、平日には行事が無く、一部のスタッフは働きにも出ているが、オウム時代にクンダリニーヨーガの成就者であった部長クラスはのんびりとしており、経行(キンヒン)修行と称して散歩したり、面談と称して喫茶店で時間を潰したりとダラダラと時間を潰していたりする。

■ひかりの輪の「オウム性」

公安はかつて「大黒天」の前の姿が、オウムで信仰していたシバ神であるということから「大黒天」を問題視していた。またアレフ時代より上祐は「虹」を吉兆として重要視しており、それは「ひかりの輪」という名前の由来にもなっている。

修行方法もオウム時代から大きく変化している訳ではなく、シャクティーパットなどのイニシエーションはひかりの輪においても「金剛十字エンパワーメント」と呼び名を変えて形態などを変化させつつも基本的に同様の効果をねらった修行もしていた。ヨガや気功、瞑想、聖地巡礼などオウム時代からの修行体系を保持している。

ひかりの輪の組織は、オウムの位階制が色濃く残っていて、そのまま移行したと考えても良い。上祐が代表になったのもオウム時代に「正大師」であったからであり、現在の副部長は広末を除き全員が「師」の位であった。広末は名目上は副部長ではあるが、実態は他の部長クラスからは軽くあしらわれる傾向にあり、前述のように広末もアルバイトをしている。教義的には大きく変化させている部分も見受けられるが、オウムが事件を起こしたその大きな要因であったグル(上祐)への忠誠は維持されており、その体質は全くオウムとさほど変化していないと考えてよい。

よって、オウム時代と同様には批判者に対しては徹底的に好戦的な態度で接し、殊更に名誉毀損やプライバシーの侵害といっては恫喝している。最近では再び公安調査庁に対しても敵意をむき出しにしており反社会性を帯びつつある。一方で、都合よく利用できそうな有名人や宗教学者に近づき団体の宣伝に使用する手法もオウムと同じである。

今すぐにテロなどの無差別殺人を起こすとは考えられない反面、団体規制法の観察処分を受けながらも、欺瞞性や閉鎖性を温存していることを考えれば、観察処分が外れた場合には、より団体勢力を拡大させ、危険性が増すことは容易に推測できる。

■宗教ではないと自称

2012年頃より、ジャーナリストの田原総一郎氏と対談したことをきっかけに「宗教ではない」と自称し始める。団体の主張によると「特定の神仏を絶対視しない」という理由づけではあるが、信者には「修行しましょう。」などと勧誘したりしているし、実際に修行の四本柱として、「教学、功徳、行法、聖地」を強調している。また、「三悟心経」というお経も作成して読経も行っているし、オウムから続くヨーガや気功も主な修行の一つである。「修行」を行う「思想哲学教室」とは前代未聞であり、実態は「宗教」であり、オウム真理教を踏襲している団体である。

オウム真理教機関誌「マハーヤーナ 1987 No.5」に見る上祐と虹の関連

オウム真理教機関誌「マハーヤーナ 1987 No.5」の「巻末特集 今蘇った,救済者マイトレーヤ」という記事の中で上祐は、「オウムに入会して約一年。解脱にいたるまでの修行の日々を(中略)振り返って(p.110)」います。

神秘体験に関する部分を抜き出してみましょう。
続きを読む

体験談 中山尚「4.脱会から出入り禁止へ」

体験談 中山尚「3.ひかりの輪設立から哲学教室になるまで」

 

有田氏に「脱皮しない蛇は死ぬ。」と言われたら、団体は「脱皮、脱皮」と連呼し、田原さんにひかりの輪は宗教じゃなく哲学だといわれたら、宗教ではなく哲学教室だと名乗りだし、祭壇もインテリアと言い換えたりして、その節操の無さに呆れるとともに「21世紀の宗教」に希望を抱いてきた私を絶望させるには十分でした。かなり激しく抗議しましたが、結局は上層部が決めたらそれを下に降ろしてくるだけの上意下達の体制、それは麻原が決めたなら絶対に従うというグルイズム方式でしかないということでもありました。麻原が上祐に取って代わっただけの団体でしかなかったのです。私が抗議した時に大阪支部長は言いました。「団体は指導する立場ですから。。」と。結局は、オウムの時と同じく上の命令は絶対であると言っているようなものでした。

「ひかりの輪は中山さんを中心に回っているんじゃない。」とも名古屋支部長からも言われるなど、すごい圧力がかかってきました。「少し距離をもってみよう。」そんな気持ちで私は脱会致しました。私は設立時からずっと考えていたことがあります。新しい団体はオウムのようなヒエラルキー構造を持った組織ではなく、もっと水平的で平等性を持った組織こそがアクエリアスの時代に相応しい形態であろうと考えてきました。上祐氏が中心にした広がりのある仲間の集まりこそが、オウムの反省から導き出された「ひかりの輪」としての在り方であろうとは考えていました。求めていた方向性が違っていたのかもしれませんが、頭を一度冷やす必要もあるのかなと考えてしまいました。今から思うと圧力に屈しただけでしたが(笑)。

団体は「会員でなくとも学べます。」などと言っていましたので、その後もしばらくは通い続けていましたが、情報漏えいの疑いと女性問題をやり玉にあげられ、出入り禁止となりました。「批判をするなら、外からオウマーのようにすればいいじゃないか。」などと遠まわしに言われた時もありました。常に辞めさせたがっているであろうということは感じていましたので、別に驚きもしませんでした。ただ、ひかりの輪が提唱する一元の思想から、どのようにしたら人を排除できる行動を取れるのかを本当に知りたかった。おそらくは、21世紀の思想であれ宗教であれ、ひかりの輪の思想でも、時と場合によっては人を排除できるとするのであれば、それではいつまで経っても争いが止むような思想ですらありえないでしょう。

やっぱり、観察処分を外したいだけの団体であったのだろうと思います。そう考えた時、今まで団体に対して様々な思いを抱き、そして去っていた人達の顔が浮かんできます。「オウムは誰一人として、人を幸せにはできなかった。」そういう言葉を残してやめた人もいました。ひかりの輪でも同様です。誰一人として幸せになれた人はいないでしょう。不幸にした人達は数知れず存在していましたが。。。

団体の存続は、誰のためになっているのか。それを考え始めた時に全てが崩れ去りました(決意と諦念 http://ameblo.jp/hisashi19661213/entry-12190641096.html)。

どれだけ存続に向けて頑張ったところで、上祐氏に何か事が起これば、今のままでは団体は崩壊することでしょう。私が解散を求めなくともいずれは消滅するのは分かってはいます。でも、それまでにどれほどの人をこれからも不幸にしていくのかを考えた時に、居たたまれない気持ちになることと、まだ力のあるうちに未来への一歩を踏み出すことが彼らのためにもなるであろうと考えています。

彼らにとっては押し付けがましい意見でもあろうとは思いますが、一歩踏み出すために、彼らの背中を押してあげることが、彼らに対する恩返しでもあろうと考えます。

一刻も早く解散して、それぞれの道を歩いていけるようお祈りしております。